今読んでるラノベに句読点?がめちゃくちゃある

15から20文字の間に必ずある

たい焼きをおもむろに取り出した佐野一作は、そのたい焼きを生肉の様に食べ始め、ボロボロと口からあんこやかすが落ちてくるのを、私は、見ていられなかった、なので、たまたま手持ちにあった金ダライを、佐野一作の足下に置き、あんこやかすを受けたのです。佐野一作はそれを見ると、すぐに怒鳴り散らしました。その内容は鳩にあげるものでお前のものではないのだ、ということでした。それを聞いて私はなんて酷なことをしてしまったんだと感じました。周りを見ると、既に落ちたカスやあんこをはとぽっぽさん達が食べているではありませんか。その後、結局私は、金ダライに入ったモノ達を、自身で全部食べました。

書いてみるとそんなもんかなって

それに読んでるのはまだ一巻だしラノベ初めてだしよくわかんない>